@情報天気図 > パソコンまわり > セカンドライフ(Second Life)用ノートPCを見つけたよ

パソコンまわり

セカンドライフ(Second Life)用ノートPCを見つけたよ

こんにちは 

ひめたろう@情報天気図です


ネット上の世界に自分の分身を作り、仮想世界を冒険したり
人との楽しい交流を楽しむことができる
セカンドライフ(Second Life)をご存知ですか?

セカンドライフ(Second Life)は欧米を中心に急成長している
ネット上の3D仮想世界なんです。

本家セカンドライフ(Second Life)のサイト
http://secondlife.com/

セカンドライフ(Second Life)の運営は「米リンデンラボ」
(カリフォルニア州)という企業が行っており、2003年から
セカンドライフ(Second Life)の商用サービスが開始しています。
2007年7月にはとうとうセカンドライフ(Second Life)日本語版が
公開され、セカンドライフ(Second Life)を楽しむ日本人ユーザーや広告を出す
日本企業の参入もどんどん増えています。

セカンドライフ(Second Life)では、土地を持つことにより、家やお店を建てる
ことができます。
建物や商品を作るツールが標準で装備されていて、誰にでも簡単に3Dの
アイテムを作ることができるのが特徴で、自分が作ったアイテムを売り
利益を得ることも可能なことが人気のひとつです。

セカンドライフ(Second Life)での交流の中心となるのは、チャットを使った
リアルタイムの会話です。もちろん、日本人同士なら日本語会話が
できますし、少量の英語ができるだけで世界中の人達との会話を
楽しむことも可能です。

いま話題にのぼっているNOVAの駅前留学の比じゃなくて
実践的な英会話の練習の場にもなっているようです。

買い物、チャットによる会話、疑似体験はもちろん、ビジネスでの可能性も
広がるセカンドライフ(Second Life)には英語版の頃からすでに多くの
日本人が参加していて、
ゲームフリークの多い日本人には多くの参加者がいます。

確か日本語版が出る前から、アジアでのセカンドライフ(Second Life)の
参加者は日本が一番だったと聞いています。


セカンドライフ(Second Life)の参加者は、男性が6割、女性が
4割といわれています。
ゲーム愛好家をはじめとして、アーティスト、ミュージシャン、
エンジニア、家庭の主婦、学生、医師など、職業や年齢構成も
さまざまな人が参加しています。

セカンドライフ(Second Life)の登録人口は2007年9月に900万人を
突破して、日本・中国・韓国などアジア圏の言語にも対応し、
これからも参加者の増大が見込まれます。


ところで皆さんは
ではセカンドライフ(Second Life)を快適に動かすためには一体
どれくらいのパソコンのスペックが必要なのかご存知ですか?


実はかなりのハイスペックを要求するのですよ。


まずは最低動作環境から

■PC
CPU :Pentium III 800MHz もしくは Athlon, もしくはそれ以上
OS:Windows XP (Service Pack 2)もしくは Windows 2000
(Service Pack 4)
メモリー :256MB 以上
グラフィック:nVidia Geforce 2 Geforce 4mx もしくはそれ以上
ATI Radeon 8500 9250 もしくはそれ以上
接続速度:Cable もしくは DSL


■Mac
CPU:G4 1GHz もしくはそれ以上
OS:Mac OS X 10.3.8 もしくはそれ以上
メモリー:512MB もしくはそれ以上
グラフィック:nVidia Geforce 2 Geforce 4mx もしくはそれ以上
ATI Radeon 8500 9250 もしくはそれ以上
接続速度:Cable もしくは DSL

次に推奨動作環境

■PC
CPU:Pentium 4 1.6GHz もしくは Athlon 2000+ もしくはそれ以上
OS:Windows XP (Service Pack 2)もしくは Windows 2000
 (Service Pack 4)
メモリー:512MB 以上
グラフィック:nVidia Geforce FX 5600, Geforce 6600
もしくはそれ以上ATI Radeon 9600 X600 もしくはそれ以上
接続速度:Cable もしくは DSL

■Mac
CPU:G4 1.25GHz もしくはそれ以上
OS:Mac OS X 10.4.3 もしくはそれ以上
メモリー:768MB もしくはそれ以上
グラフィック:nVidia Geforce FX 5600 Geforce 6600
もしくはそれ以上ATI Radeon 9600 X600 もしくはそれ以上
接続速度:Cable もしくは DSL


だからほとんどの人はハイエンドデスクトップPCの前に
貼り付いて
セカンドライフ(Second Life)を楽しんでおられると思います。

セカンドライフ(Second Life)のインストールをしていると
基準をクリアできないグラフィックアクセラレータだと
インストールが中断されてしまうので悲しい思いをしません
でしたか。
あわてて、グラフィックカードを買いに出かけていったり
した記憶があります。


でも

でも

苦痛じゃないですか?


リビングや自分の寝室で自由に寝転びながら
セカンドライフ(Second Life)を
楽しめたらいいなぁーと感じませんか。


ひめたろうはこれに悩みました。

セカンドライフ(Second Life)ができる
ノートパソコンないのかな?

うっ!

こんなハイスペックなノートパソコンは売ってないんだ〜


ご安心ください


解決方法のひとつをみつけましたので、ちょっと情報提供します。

それは
SONYのオーナーメードパソコンのシステムなんです。
あのVAIOがノートパソコンのオーナーメード品を簡単に作ってくれる
仕組みがあるんです。
特に3Dがスムーズに動くキモであるグラフィックアクセラレータが
セカンドライフ(Second Life)推奨スペックをカバーしている点が
見逃せません。

やってくれたのはソニースタイル

VAIOtypeF(FZシリーズ)
・液晶はワイド15.4インチ
・グラフィックアクセラレータはGeforce8400MGT
・CPUは余裕のCore2Duo 1.8GHz
・メモリは1GB
・HDDは約120GB
・DVDスーパーマルチドライブ搭載
・OSはWindowVISTA HomePremium
・ついでに余計な(?)オフィスなどのソフトはつきません

でもっていまなら159,800円

で、某家電量販店の売り場で
セカンドライフ(Second Life)が
実際に動作しているのを見せてもらいました。
公式には動作していることを保証しないとの
口上がありましたが、いつも見るログイン画面が
きっちり表示されているし、動くんですよ
これが確かに

ひめたろう思わず超カンドーヽ(^o^)丿

実に3Dが滑らかな動きでデスクトップに
まったく見劣りしません。アバターの反応もGood。

(大きな声でいえないですが、販売員さんはご自分で
このタイプのノートパソコンで遊んでおられるそうです)

感動ですよ


セカンドライフ(Second Life)用のノートパソコンがあった〜

しかも11月16日までならCPUのアップグレードやメモリ増設が
特別キャンペーンでお得です。
しかもVAIOのロゴがしっかり入っているんです。

↓詳しいことはこちらから
Sony Style(ソニースタイル)


やはりセカンドライフ(Second Life)が今後爆発的に広がるには、
要求するマシンスペックに対応するパソコンの普及も課題に
なってくると思います。
もし日本語版からやってみようと言う方はこの機会に環境を整えて
おかないと快適には動作しないと思いますのでご注意を。

 

☆最後に裏ワザをひとつ。
3D-Analyzeというソフトを使うと
現在のインテルチップセット内蔵のグラフィックエンジンでも
動くといううわさがあります。

(注:あくまでも自己責任でトライされるようお願いいたします。
結果についての保障は当サイトではいたしておりません)


3D-Analyzeの配布元
http://www.tommti-systems.de/go.html?http://www.tommti-systems.com/main-Dateien/files.html

3D-Analyze をダウンロード&インストール。
3D-Analyze を起動
[SELECT] で SecondLife.exe を選択
[emulate HW TnL caps] をチェック
[RUN] ボタンを押す
めでたくSecond Life が起動されて○○○???


おまけ情報↓
3DAnalyzeのメニューが半分くらい日本語化できる情報はこちら↓
http://gorio.hp.infoseek.co.jp/battijp/anarai.html


やってくれるねSONYさん、VAIOも捨てたもんじゃない

13.3インチのtypeSもハイスペックで
ひめたろうは迷いました
(画面サイズに負けたけど、持ち運ぶにはこっちの方が楽かもしれない...)

きょうは
セカンドライフ(Second Life)用ノートPCを見つけたよ@情報天気図をお届けしました。

 

<<サプライズ!まぐまぐも変わったよ差出人名がはいる | @情報天気図トップへ | VAIO TypePのモバイルパワーを生かすケースを見つけました“slotBar”で決めたいですね>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。