@情報天気図 > 速読法 > ジョイント式速読法でおもしろいように読めるので、スッキリした

速読法

ジョイント式速読法でおもしろいように読めるので、スッキリした

こんにちは 

ひめたろう@情報天気図です

好奇心旺盛なひめたろうはちょっと寄り道して
ルンルの会のサイバーリーディングなどもかじってみたのですが
やっぱりジョイント式速読法がいちばんやりやすかったので
これが気に入っています。

ジョイント式速読法は結果が出ますでお伝えしましたが
元祖ジョイント式速読法でトレーニングをしたら、だいぶ文字を
読む速度がはやくなった感じがします。
調子がいいときに計測してみると、購入当初の読書速度が
2214文字から2760文字までアップしていました。

これまで1時間で読み終えないくらいのページ数の本が一通り
読めますが、もう一度読み返しすには少し時間がたりないくらいです。

ただ、実感としては読み込む文字数が増えても、理解が
そのスピードにはなかなか追いついていかないということでした。
やはりもう少し続けて右脳と左脳をうまく連携させていかないと
いけないようです。
だから読書速度は速くなりますが、内容を理解できるようになるには
もう少しトレーニングは必要なようです。

それでも読みたい本が読みかけになってしまう
ストレスから解放されるだけでもずいぶんメリットがあります。

おかげで読みかけで「つん読」だったひめたろうは、おもしろいように
読めるようになりスッキリしました。


元祖ジョイント式速読術【新日本速読研究会】ジョイント式速読法でスッキリした

きょうは
ジョイント式速読法でおもしろいように読めるのでスッキリした@情報天気図をお届けしました。

<<驚異の女性がん保険、掛金たったの30円! | @情報天気図トップへ | ホリエモン・堀江貴文の軌跡を追ってみようか>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。