@情報天気図 > 電磁波対策 > ダビンチコードとシューマンウェーブジェネレーター

電磁波対策

ダビンチコードとシューマンウェーブジェネレーター

こんばんは

ひめたろう@情報天気図です

最近あちこちで話題になっているダビンチコードですが、
先日購入したシューマンウェーブの機能の中に注目の
ダビンチの書いたウィトゥルウィウス的人間が見られる場面が
あるのでご紹介します。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


ウィトゥルウィウス的人間
ヴェネツィア・アカデミア美術館蔵
Leonardo da Vinci draws the human bodyレオナルドは、人体
の解剖に立ち会い、極めて詳細まで書き込んだ解剖図を多数
作成している。それを元に人体及び解剖学を網羅する物を作る
計画をしていた。
また、1490年頃のノートにはCanon of Proportions
(プロポーションの法則)が書かれている。このなかの
『ウィトルウィウス的人間』は、当時発見された古代ローマの
建築家ウィトルウィウスの「建築論」にある「人体は円と正方形
に内接する」という記述を表現している。現在、この図は
レオナルドの書いた中でも最もよく引用されるものの一つに
なっており、イタリアの1.00ユーロ硬貨にも用いられている。

人体及び解剖学に関する成果は、最古のロボットの設計として
メモされていた。この設計はレオナルドのロボットと呼ばれ、
1495年頃に書かれたと考えられているが、そのことがわかった
のは1950年代になってからのことである。当時実際に作ろうと
したかどうかは記録がない。


当時のルネッサンスの芸術家は人体の理想的状況を研究していた
そうですが、ダビンチのウィトゥルウィウス的人間はその絶好例
と言われています。



シューマンウェーブをお持ちの方は Adjust12steps の
ボタンを押してください。
このボタンは時空間の12次元に及ぶ歪みを調整します。
ボタンを押すと表示画面が変わり、通常30秒間から1分間実行
されます。
ホメオパシー的な調整機能でしょう。
円の中に手を広げた人間が立った
特徴的な絵柄
です。

その時調整中は
ウィトゥルウィウス的人間の画像が画面下部に回転しながら
展開されます。


映画ダビンチコードの予告編の中にもこの構図がみられますよ。


きょうは
ダビンチコード@情報天気図をお届けしました

<<ホメオパシーの電磁波対策【シューマンウェーブジェネレーター】 | @情報天気図トップへ | TVで見ました「ラブアンドベリー」>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。